My 1st HOKA企画の第4弾は、10月1日発売の 「BONDI (ボンダイ)X」 についてHOKAのアンバサダーである 金 哲彦さんと柏原 竜二さんに語って頂きました。まずは「BONDI」シリーズに触れつつ、今回の新商品 「BONDI X」 について、お二人の印象を伺ってみました。なんでもお二人にとって驚きを隠せないシューズだった模様です。

「BONDI(ボンダイ)」シリーズ は完成度の高いランニングシューズ。

「BONDI」は、ウォーキング、ジョギング、そしてウルトラマラソンまで発揮できる完成度の高いシューズ。なによりも履き心地がいいうえに、用途が多岐にわたることから、普段履きの領域までも幅広く愛されるシューズ、それが 「BONDI」 の凄さだと2人とも太鼓判を押してくれた。

すでに完成度の高いランニングシューズ「BONDI」 は、走ってない人、ウォーキングを習慣にしている人や初心者に使ってほしい。そしてすでに走りが習慣になっているランナーには、リカバリーシューズとしてもお勧めだとのこと。

柏原さんは、会社などの行き帰りなどで、行きまたは帰り道で荷物をランステなどに預けて、走るのにもうってつけだと。わざわざもう 1 足ランニングシューズを持って行かなくても2WAYで使えるのも「BONDI」の使い道としてありかもしれないとも、ユニークなご提案までいただいた。

「異次元!ボンダイのクッションに、カーボンが?」

その「BONDI」に今回「カーボン」が入った「BONDI X」がデビューする。お二人とも、最初の履いてみた印象は「表現に困る」「不思議なシューズ」だったとのこと。

なぜなら、ゆっくりペースだと、「BONDI」のいつもの柔らかいクッションがあり、ペースを上げて走ると、カーボンの機能が出てくる。自分のペース・スピードに合わせて、発揮される機能が変わる、まるでギア、もはや乗り物ではないか!とも舌を巻く。

いつもよりも長く走りたくなるかも

金さんは「最近は10km くらいしか走れてない。でも 20km くらい走ってみようかな。「BONDI X」は、チャレンジ心をくすぐるシューズだ」とコメントされています。
ランニングコーチでもある金さんは、練習が全然できてないというランナーに、「「BONDI X」を履けば完走できるかもしれない。」とうっかり提案してしまうかもしれない。またもし、自身が100kmのウルトラマラソンにチャレンジすることがあれば、BONDI X「一択」かもしれないとまで。

10月1日発売の 「BONDI X」は、HOKA のイノベーションがつまった最新のシューズ。是非ともチェックしてみてください!


「金 哲彦さんX柏原 竜二さんが語るBONDI X」

■製品情報
BONDI X メンズ
BONDI X レディース
BONDI 7


■プロフィール

金 哲彦(キン テツヒコ)氏
プロランニングコーチとして一般市民ランナーやプロアスリートの指導、テレビやラジオの駅伝・マラソン解説などで活躍中。

柏原 竜二(カシワバラ リュウジ)氏
学生ランナーとして東洋大学時代に駅伝レースで活躍。卒業後は富士通陸上競技部にて活動。現在は同社企業スポーツ推進室に所属し、スポーツ活動全般への支援、地域・社会貢献活動などを担当。


■関連リンク